官能小説更新情報掲示板

260034
当サイトは官能小説サイト様の更新情報だけを掲載しております。
ということで、官能小説サイトを運営している方ならどなたでもご遠慮なくお書き込み下さいませ。
*申し訳ございませんが官能小説、告白記の新着、更新情報以外の書き込みはご遠慮下さい。
・官能小説などを載せているサイトでも無修正画像を載せているサイト様のお書き込みはご遠慮下さい。

☆更新しました☆ - ひとみの内緒話 URL

2018/02/13 (Tue) 20:00:02

-----
長編ハードSM小説「落涙の白百合」第16章 第6節をアップしました。
-----
「あお~げば~とお~とし~..」

 聖百合学園のセレモニーホール『綾小路記念大講堂』には、小学生から高校生まで、聖百合カラーのセーラー服を着た女学生達で満ち溢れていた。

 高等部の列の一部には、紺のブレザー姿の男子学生が混じってはいるものの、まだまだ女子が圧倒的に多い。
 勿論、昨年の共学化により編入したばかりの男子卒業生も居るには居るが、まだまだ数は少なく、共学化の影響は、未だ未だ卒業式には出ていないものと言える。

 式場の演壇には、理事長代理であり、実質的な学園長とも言える新海教頭が立っていた。

「諸君! 卒業おめでとう。」
 2000人近い生徒の見つめる中、新海は演説を始めた。

「退屈なヤツだなぁ..早く始めろよ。」

 珍しく形式ばった演説に退屈を覚えた酒田が聞こえよがしに言った。
 もはやその言に正面切って立ち向かう者など誰ひとりとして居ない。

 都内の有名国立大学に進学の決まった酒田は、両親がいない為に引き続き聖百合寮にとどまり、そこから通学する生活を謳歌する事になった。
 酒田が合格する為に、学習机の下に潜って性の奉仕に明け暮れたあゆみの功績には測り知れないものがあったが、残念ながら、彼女自身は学業不足で不合格となり、聖百合寮に留め置かれて、合格の日まで浪人する事になった。

 白百合同盟のメンバーだった殆どの女生徒は進学出来ず、結局浪人するか、就職する事になった。
 就職先として、坂崎コンツェルンが全面的なバックアップを行い、大量採用した事は、さすが学園経営の責任を取ったものと、高い評価を受ける事になった。

 就職した女生徒達は短期間の研修を経て坂崎ビジネスパートナーズ(S.B.P)と言う人材派遣会社に勤務する事になった。
 S.B.Pは政財界に幅広く秘書を派遣したり、イベント企画を行う事で定評があったが、その接待能力の高さは、特に高い評価を受けていた。

 もっとも、『接待』の内容がどんなものであるかは極秘にされて来たが..。
-----

http://marsearthrise.com/

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)
レンタルサーバー - アクセス解析 - 動画 - - ノウハウ - ライブチャット

FC2無料掲示板

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.